ゆずマーマレード

ゆずマーマレード

先日、普段野菜を買っていただいているお客さまと、夫:啓美の母と、夫と私の4人でゆずマーマレードをつくって瓶詰めしてきました。

2017年から本格的な商品として瓶詰め加工を始めて早3年目。施設をお借りしてつくるため、手際よく、安定したおいしい味になるようにと、昨年よりも道具などを増やして準備万端で望んだのですが…、漉した果肉と刻んだ皮、そして砂糖をあわせてぐつぐつと煮立つホーローの鍋を前に「こんなにさらさらで良かったかな?」と手元のレシピ通りの分量でつくっているはずなのにジャムらしからぬ、さらさらの液体。年に1度しか作ってこなかったゆずマーマレード。少し不安になりながらも、色や味はとても良かったのできっと大丈夫とみんなで考えて、少し煮詰めてからそのまま瓶詰め。その後も、ホーロー鍋の容量に合わせて原材料にしてゆず2kg分しかできないため、何度も同じ工程を繰り返して全部で約200瓶の瓶詰めを行いました。

結果、持ち帰ってきた瓶の中でゆずマーマレードがほどよく固まっていました。砂糖とペクチンの効果でうまい具合に固まるものです。でも、熱々の鍋のなかではさらさら状態。この見極めは本当に難しいと毎回感じます。

さて、今年もゆずマーマレードが完成しましたので来週から販売を始めます。栃木市内のお店でも店頭販売をする予定です。決まり次第、HPなどで情報をアップしますのでお楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です